クリアファイル活用でオフィスの能率アップ!

クリアファイル活用でオフィスの能率アップ!

オフィスにおいてA3のクリアファイルを使う

日常的に書類として利用するのに便利なサイズは、A4だと思います。こちらは世界共通のサイズになっています。そのほかに日本ではB5サイズがあります。A4よりも少し小さくて、便利なサイズではあります。ときに混在することがあるので利用に注意する必要があります。ファイリングをするときにはサイズを統一しておくとがたがたにならず、探しやすくなります。ただし、書類にはそれ以外の大きさのものを利用することもあります。

このときはA4の倍の大きさであるA3と、B5の倍のB4になります。それぞれ折り曲げるとA4、B5になることから、冊子のように使うこともあります。折り曲げても良いときは利用の幅も広がります。そのほか、折り曲げると困る場合もあります。オフィスで設計関係の書類の場合、細かい記載がされていることがります。通常のままであれば文字がつぶれることはありませんが、折り曲げてしまったために、その部分が見えにくくなることがあります。

また、客先に書類を渡すときには、不要に折り曲げた書類を渡すのはよくありません。あまり大きい書類のときは丸めて筒などに入れることもありますが、使うときに丸まってしまうことがあります。そこで、A3サイズのクリアファイルを使うようにします。このタイプの大きさのものはあまり見かけないかもしれません。こちらに入れておけば、カバンに軽く折り曲げて入れても折り目がつかないようにすることができます。きれいな状態で使えます。

■注目の情報